カッコイイデザインは窓から捨てよ

エストレージャス_ワークスは、ブランディングに関連したお話をいただくことが多く、そのプロセスで経営者や決裁者の方の経営や事業の課題を共有することが多々あります。また、単発案件でも問題点を洗い出しているうちに、これはブランディングから見直さないと…、となることもよくあります。

さて、昨日は、久しぶりに元アップル・ジャパン社長の山元賢治さんの方の経営者向けの勉強会に参加しました。なかなか時間が取れず、行けずじまいでしたが、昨日も示唆に富む話題が多く、クリエイティブ業務を行う上でもとても多くのヒントが隠されていたと感じました。

例えば、山元さんの提唱する経営者の基礎体力として、例え出身が技術者畑であったとしても、コミュニケーション能力があること、バランスシートや損益計算書が読めること、経済や国際政治と軍事・宗教についても知見があることが挙げられます。特に国際政治や軍事・宗教は自分の主張・主義は置いておいて、世界がどのようなパワーバランスで動いているか冷静な目を持っていないと、海外進出や海外スタッフとのコミュニケーションで支障をきたす芽になりかねないというもの。

宗教で言えば、今やイスラム教への理解は、東南アジア諸国とビジネスする上で、避けて通れないものです。食品のハラール認証(イスラム教の禁忌をクリアした食品に与えられる認証制度)の対応企業ついては、日本でも多く見かけるようになってきました。

このような視点は、クリエイティブ職についても言えることだと日々感じており、以前からもアートや最先端の表現、映像、音楽に目配りしつつ、広告表現・技術トレンド・マーケティング手法をチェックしながら、日経その他、海外のニュースソースで政治・経済を俯瞰してきました。

そうすることで、経営者視点の感覚を取り入れ、表現に流れすぎない、ミッションを実現できる効果あるクリエイティブを制作してきたと考えています。

センスがよければ、また経験を積めば、カッコイイデザインはできます。その上でどう企業の経営課題や事業課題を解決するかがデザインの本来の役割です。それは、単発案件だけでなく、経営課題にともに取り組み、クライアントと10年以上の長きに渡り信頼関係を築いている、エストレージャス_ワークスだからこその強みと考えています。

COMMUNICA
https://communica.co.jp

ブランドってなにそれおいしいの?

ブランドってなにそれおいしいの?企業にとって一番大切なものは、言うまでもなくメーカーなら製品、IT企業ならサービスなど、メインとなる事業そのものです。

ブランディングとは、その企業や製品/サービスに、高い価値を与え、顧客には信頼感や安心感・期待感を与え、企業と顧客をつなぐきづなを作る作業を指します。

結果として、製品/サービスを気に入ってもらえれば、リピーターとなり、また他者へお勧めしたり(口コミ)と有能な営業マンともなりえます。これは、BtoCビジネスで顕著ですが、BtoBビジネスでもそこに人が介在する以上、同様の作用が働きます。BtoBtoCでは言うまでもありません。

また、それに加え、社外に対して「うちはこういう会社です」と宣言すること(ステートメント)は、同時に、社内の意識改革・士気の高揚にもつながり、組織の活性化を図ることもできます。

以上のように、ブランディング施策を行うことは、企業の伸びしろや利益率を多く勝ち取ることができる重要な戦略と言えます。

具体的には、ロゴマークの策定や企業活動のビジュアル/コミュニケーション面のルールの策定(Webサイト、アプリケーション(名刺、封筒など)、会社案内、製品カタログ、営業ツール)、昨今ではSNSの運用なども含まれます。

10年前と違い、企業と消費者の距離が近くなっている現代だからこそ、社会やステークホルダーへの貴社のステートメントが重要とされ、BtoC、BtoBに関わらず、企業姿勢や取り組みの見える化が重要となってきているのです。

ブランディングについては、これからロゴや営業ツールなど具体的に実例も踏まえ、掲載してゆきたいと思います。